MLB選手をパワプロで遊びTai

MLB選手をパワプロを遊びたい。という事で実際にパワプロで作成し、公開しているブログです。他にもパワプロや野球関連、その他雑談記事も書いていこうと思っています。

査定の話し 雑談&どうでもいい話

査定の話し。走力について。

投稿日:

走力について

査定の話しです

最近は走力の査定に「SprintSpeed」という指標を使用しています。
そこでMLB平均が「27フィート」とあったので、それを走力のD50付近という基準にしていたのですが、どうやら平均とされていますがこの「27フィート」って

かなりレベル高いのでは?

という疑問がわきました。
というのも

  • 青木 2017年 27.1フィート
  • イチロー 2018年 27.4フィート

と足の速い2人が「平均」付近になっているからです。

私が最初に「SprintSpeed」を知ったのはSluggerの最後の指標説明でしたが、そこでは

「最も速い1秒間を示したもの」

とありましたが、調べた所どうやら

  • 2つ以上の進塁した時の走塁タイム
  • 弱い当たりで打席から一塁への最速タイム

この2つの「1秒で進んだフィート」の記録から最速の70%の平均を求めているそうです。
つまり「平均」であって「最速」ではないという事がわかりました。
ですが毎回「最速」で走れるわけではないのでこの「平均」をこれからも使用していきたいと思います。

後、1秒で30フィート進んだのを「Bolts」(ボルト)というみたいで、それのカウントをしているみたいです。
ちなみにイチローは2015年に「Bolts」を1回、青木は2016年に1回記録だそうです。

これからの査定

今までは「27フィート」を「走力D50」付近とし

  • 27フィート D50以上
  • 28フィート B70以上
  • 29フィート A80以上
  • 30フィート S90以上

という感じでなんとなくやっており、特に「27フィート~28フィート」で「走力D50~走力B70」で結構アバウトでした。
ですのでこれからは

  • 26フィート D50以上
  • 27フィート C60以上
  • 28フィート B70以上
  • 29フィート A80以上
  • 30フィート S90以上

という感じでやっていこうかと思います。
ただ、きっちりではなく、ちょっとアバウトにやっていきますので。
「SprintSpeed」も直近3年を見る予定です。

今の所は走力B以上にはそこまで影響は無いと思います。
1番影響あるラインは27フィートの選手だと思います。
これからいろいろ修正していく予定ですのでよろしくお願いします。

-査定の話し, 雑談&どうでもいい話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

そろそろ

6月に入っての初記事になりますね。 暑くてなかなか作業出来なかったのと、査定するにはちょっとサンプル少ないかなと査定は控えてました。 腰の状態もちょっと悪いので昨年のデータでチーム編成が進まず。 そも …

no image

【MLB・アレンジチーム】アレンジチームのお知らせ【パワプロ2020・実在査定】

アレンジチームのお知らせ 2020年に作成したアレンジチームから選手を移籍等を反映して、仮ですが2021年verを投稿しました。 アレンジチームタグ「みらの」で投稿しています。 引継ぎでやっているので …

no image

プロ野球スピリッツ2021を触ってみて

プロ野球スピリッツ2021を触ってみて 『プロ野球スピリッツ2021』を買ってみました。 打撃面が気になって 前作よりミートカーソルが大きくなっているので打撃の感触が知りたかったのですが思ったほど悪く …

no image

【MLB選手をパワプロで遊びTai】査定について【その他話題】

MLB選手を査定してきて 査定をしてきて感じた事 かれこれ3年はMLB選手を査定してきて感じる事なのですが パワプロって特殊能力多い って事です。 正直ほぼ使用していない特殊能力があるなって感じます。 …

no image

【査定についての話し】指標査定のメリット・デメリット3選

パワプロの査定のお話です Twitterで呟いたツイートがキッカケです。 私は主にパワプロで選手能力を決める時にあまり映像とか見ず、「指標」を重視しています。 そうした査定をしていて感じたメリット・デ …