MLB選手をパワプロで遊びTai

MLB選手をパワプロを遊びたい。という事で実際にパワプロで作成し、公開しているブログです。他にもパワプロや野球関連、その他雑談記事も書いていこうと思っています。

雑談&どうでもいい話

UZRの勘違い

投稿日:

UZRの勘違い

今回は私がUZRに関して勘違いしていた点を書こうかと思います。

UZRの算出方法

まずUZRの算出方法ですが詳しくは『wiki』を確認ください。

ただ、それだとあれなんで私が認識している範囲で簡単に説明するとまずグラウンドを細かくゾーンにわけます。
次に打球がどのゾーンに飛んだかの記録をとり、次に打球の種類を判断します。
『判断』といってもフライ、ゴロ、ライナー、そして打球の『速度』別に打球の分別をします。

ここでよく勘違いされているのが、その打球の分別を人の目で判断していると勘違いしている人がいるみたいです。
確かにフライ、ゴロ、ライナーに関しては多少はあるのかもしれません。
ですが打球の速度については『打球速度』があるのでそれで分別しているはずです。

ですので

Aの打球はこのゾーンでゴロでこの打球速度で飛んだ

Bの打球はこのゾーンにライナーでこの打球速度で飛んだ

的な感じで打球を仕分けているはずです。
少なくとも個人的にはwikiを読む限りだとそう認識しています。

後はちょっと複雑な計算でその打球に対してプラスだったりマイナスだったりで積み重ねていきます。

私がしていた大きな勘違い

そこで私がしていた大きな勘違いがあります。
当初、私はその打球に対して、野手がどのゾーンから移動してアウトを奪取したかも計測していると思っていました。

少なくてもUZRが出てきた当初はそのように解説しているサイト等はあったと記憶しています。
また昔のwikiにもその様な事が書かれていた記憶があります。

ですが最近になってその辺の内容がどうやら消えているっぽいんですよね。
なので私の勘違いなのかどうかすら確認ができます。

UZRの進化

UZRですが地味に進化をしており、評価基準などがかわっていく事があります。
実際に過去に当時の数値が載っている雑誌と現在の指標が見れるサイトでは数値が異なる事があります。

他にはシフトにも対応してきているみたいです。
といっても、どうやらシフトを敷いた場合は記録の対象外にしているみたいですが。
過去にトロント・ブルージェイズに所属していたブレット・ロウリーという3Bがいましたが、彼はシフトで2Bの位置に移動し、打球をさばいて当時は守備指標を荒稼ぎしてました。
現在は基準が見直されてたUZRになっているはずです。
実際、当時はロウリーの守備指標を疑問視する記事を読んだ記憶があります。

まとめ

今回はUZRについて少しアウトプットをしてみました。
もしかしたがまだまだ自分の認識不足だったり、記憶違いなどがある内容かもしれません。
その時はコメントやTwitter等で教えてくれると助かります。

そして私が盛大に勘違いしていたのは

打球に対して選手がどのくらい移動して打球をアウトにしていたのかを記録していた

という事です。
最近のUZRに関する記事やwikiとか読んでいるとどうやら移動距離は考慮していないみたいです。

自分も指標に関してはまだまだ勉強中ですのでいろいろ学んでいきたいと思っています。

-雑談&どうでもいい話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

お知らせ

お知らせです。 3月からもう少し更新頻度や記事数を上げたいので、今現在700文字~1000文字数で記事を書いていますが、選手によっては400文字前後の文字を少なくして更新したいと思います。 その分アレ …

no image

パワプロの守備査定にUZRを使用する時の注意点

パワプロの守備査定にUZRを使用する時の注意点 以前に私がUZRについて勘違いしていた事を記事にしましたが「リンク」再度UZRについて自分が知っている範囲でちょっと記事にしたいと思います。 UZRが良 …

no image

5月になりました

5月になりました はい。5月になりました。 4月は後半に体調不良があり、前半それなりに記事更新が出来ていたのですが最終的に20記事の更新となりました。 1日2記事更新とかも何度かあったのですが、20記 …

no image

MLBプロスペクト情報を収集するオススメな方法2選

プロスペクトとは? プロスペクトとは「有望株」、日本で言うところの「期待の若手」という意味です。 本当は海外のサイトとか見るのも良いですが、今回は気軽にプロスペクトの情報を仕入れる事が出来る方法を2つ …

no image

MVPベースボール2005

神ゲーだったMVPベースボール2005 MVPベースボールとの出会い MVPベースボールとの出会いは地元のTSUTAYAが在庫処分っぽく大量に売り出されていた『MVPベースボール2003』でした。 意 …