MLB選手をパワプロで遊びTai

MLB選手をパワプロを遊びたい。という事で実際にパワプロで作成し、公開しているブログです。他にもパワプロや野球関連、その他雑談記事も書いていこうと思っています。

査定の話し 雑談&どうでもいい話

【査定についての話し】指標査定のメリット・デメリット3選

投稿日:

パワプロの査定のお話です

Twitterで呟いたツイートがキッカケです。
私は主にパワプロで選手能力を決める時にあまり映像とか見ず、「指標」を重視しています。
そうした査定をしていて感じたメリット・デメリットを簡単に挙げたのですが、Twitterに収まらないのでブログで軽くではありますが書こうと思いました。

指標査定のメリット3選

  1. 先入観無しで出来る
  2. 指標を勉強しようと思える
  3. それっぽく査定できる

1:先入観無しで出来る

先入観無で査定出来るので、知らない選手とかも「自分の基準」で結構査定出来ちゃったりするので、楽です。
ちなみにあまりにも能力がおかしければツッコミがくるので、その時に見直せばいいのかなって思います。

2:指標を勉強しようと思える

指標を使って査定をしていると、その指標について調べる機会も増えますし、査定の幅を広げる為に新しい指標の勉強をしようと考えます。
実際に私はそういった本を2~3冊ほど購入しました(まだ全部読めていませんが)
その読んだ内容から実際に新しく査定に組み込んだ部分もあります。

3:それっぽく査定できる

  

指標を使っての査定はなんとなくそれっぽくなりますし、他の方から

「どうしてその能力にしたんですか?」

って聞かれても説明できるだけで説得力は変わります。

ではデメリットは?

指標査定のデメリット3選

  1. サンプル少ないとバグる
  2. 指標がない部分の査定が大変
  3. 予想よりやや弱くなる事が多い

サンプル少ないとバグる

シンプルですけどサンプルが少ないとそれを反映させてもいいのか悩みます。
極論ですが

対右投手打率 .250(100打数25安打)
対左投手打率 .500(6打数3安打)

といったケースの時に「対左投手A」をつけるでしょうか?
このケースだと「対左投手C」ですらつけるかどうか悩むかもしれません(笑)
他だと昨年は左に弱かったのに今年は強いといったケースもよくあるので悩む事があります(笑)

指標がない部分の査定が大変

特に実績の無い選手の「肩力」は難しいです。
「走力」は一応「SPD」といった指標あるのと、二塁打、三塁打、内野安打の数等でやろうと思えば補えますが、肩は本当に難しいです。

予想よりやや弱くなる事が多い

これは知っている選手に起こる可能性高いかもしれません。
この選手だからあのぐらいはいくだろうって思って査定したら思った以上に弱かった。って事が個人的には多かったです。
ですのでどうにかして少し盛ろう……と考える事も(笑)

最後に

個人的な考えでメリット、デメリットを挙げてみましたがいかがでしたでしょうか。←これ言ってみたかった(笑)

参考になるかどうかわかりませんが、なったら嬉しいです。

-査定の話し, 雑談&どうでもいい話
-

執筆者:

関連記事

no image

1月になりました

1月になりました 31日に最後の挨拶を更新しようと思っていたのですが気づいたらカウントダウンが始まってました。 以前の記事でも書きましたが昨年12月に親戚が亡くなっているので新年の挨拶は控えさせていき …

no image

パワプロの守備査定にUZRを使用する時の注意点

パワプロの守備査定にUZRを使用する時の注意点 以前に私がUZRについて勘違いしていた事を記事にしましたが「リンク」再度UZRについて自分が知っている範囲でちょっと記事にしたいと思います。 UZRが良 …

no image

今後の予定

また雑談記事。あれです。かさ増し用の記事です。 とりあえず今後の予定として考えている事。 質問箱にきているリクエストをやる 自分が作成したい選手の作成&ブログ更新 アップしているチームのデータ更新 近 …

no image

【MLB・アレンジチーム】アレンジチームのお知らせ【パワプロ2020・実在査定】

アレンジチームのお知らせ 2020年に作成したアレンジチームから選手を移籍等を反映して、仮ですが2021年verを投稿しました。 アレンジチームタグ「みらの」で投稿しています。 引継ぎでやっているので …

no image

【MLB選手をパワプロで遊びTai】予想外のボストン・レッドソックス【リリーフ編】

予想外のボストン・レッドソックス 開幕前の感想 前回は先発の話しを少ししたので、今回のリリーフの話しです。 目立った補強はマット・アンドリース、アダム・オタッビーノ、澤村の3人でした。 正直全く期待し …